知って損はない

家と製図

一戸建て住宅に住む、場合知っておきたい事はその住宅のメリットやデメリットです。メリットやデメリットを知ることでその住宅を長年付き合うことができるのです。まず、一戸建て住宅のメリットは、資産価値があることです。マンションなどの集合住宅に比べると、土地を所有している分だけ資産価値があるといえます。これに対して、土地の所有はメリットにならないという考え方があります。その理由は今後地価が下がり続ける可能性が高いからです。しかしながら、地価が下がるといっても極端に下がる事はなく資産としての価値はいくらか残るのです。それ以外のメリットは、音や声などそれほど気にしなくていいことです。この点マンションは、音に敏感にならないといけません。

一戸建て住宅にはデメリットもあります。その住宅のデメリットを知ることで、長い付き合いができますし、入手してからこんなことになるとは思わなかったということがかなり減少します。一戸建てのデメリットとして挙げられるのは、セキュリティーの面です。セキュリティは集合住宅に比べるとどうしても戻ってしまいます。例えば、そこに管理人がいるかどうかでも防犯面でかなり違います。また、オートロックがあるかどうかもセキュリティで重要な点です。この点、一戸建て住宅はセキュリティ会社と提携することで、セキュリティの問題を解決することは可能になるのです。それ以外のデメリットについては、マンションなどに比べるとどうしても価格が高くなってしまうことです。