自分だけの空間

クローバーと家

自分の城とも言うべきマイホームは、家庭を持つ人間であれば一度は夢見るものかもしれない。何故なら、普通は人生に一度の大きな買い物だからである。しかし、この大きな買い物にも金銭的な余裕が関係したり、親と同居という二世帯住宅が関係したり、その他の事情で自分の思い通りのマイホームがもてないケースは多々ある。中には、建売住宅という選択肢を選んで、後からもう少しお金を出していればよかったという具合に後悔するケースもあるようだ。では、このような大きな買い物をする時に、どうしたら判断を誤らずにおこなえるだろうか。また、どうしたら後悔する事なく自分のマイホームを持つ事ができるだろうか。次の記事でかんがえてみる事にしよう。

上記の中でも述べたように、妥協が強いられそうになるマイホーム事情において、どうしたら自分の理想のマイホームを持つ事ができるだろうか。特にデザインにこだわりを持つ場合にどうしたらよいだろうか。まず、考えたいのがどこまでは譲って、どこまでは譲れないかを明確にしておく事、つまりマイホームコンセプトが重要である。こうする事によって自分の中での妥協線がはっきりし、満足のいくマイホームを持つ事ができるだろう。この点で、デザイン住宅のようにデザインを重視したいならデザイン住宅を譲れない一つとしてあげる事もできるだろう。仮に金銭にあまり余裕が無い場合でも、金銭をあまりかけないながらもデザイン住宅を新築する事も可能になるのである。また、建設業者との綿密な話し合いによって自分の理想にあったデザインのデザイン住宅が期待できるだろう。では、夢を諦めず良い計画のもとに素敵なマイホームを建設してみてはどうだろうか。