知識を付ける

模型

一戸建て住宅を売却するときには、正しい価値を知っていることが大きな武器となります。引越しや金銭的な理由などによって所有している一戸建て住宅を売却しようと思ったときに、少しでも高く売却しようと思うのならば、その物件の正しい価値を把握しているかことが大切です。しかし、所有している一戸建て住宅を売却するときに、その物件の正しい価値を把握している人は少ないものです。そのような状況のままで不動産会社に査定を依頼したとして、実際の価値より低い査定を提示されたとしても、そのことをわからないまま売却してしまい、結局は損をしてしまうことになります。なぜそんな低い査定をされてしまうのかといえば、査定額の算出の仕方は個々の不動産会社により違いがあるためで、会社によっては100万円以上低い査定額が出されることもあります。

そのような状況を避けるためには、複数の不動産会社に査定を依頼することが重要になってきます。これは、高い査定額を出してくれる不動産会社を見つけるためと、その一戸建て住宅の価値を見極めるためという2つの意味があります。複数の不動産会社で依頼をお願いすれば、当然のように提示される額に違いが出てくるもので、先程述べた100万円以上の差が出ることもあります。これら、複数の提示額の平均を出したものを所有している一戸建て住宅の価値として考えればよいことになります。もう一つ、高い査定額を出してくれる不動産業者を見つける意味でも複数の業者に査定を依頼することに大きな意味があります。しかし、あまりにも他の査定額とはかけ離れた高い査定額の場合は、しっかりと査定を行っていない場合もあるので注意が必要です。高いからと喜んで契約を結んでしまうと売却出来なかったり、売却にとても長い時間を要したりするので、契約を結ぶ前にしっかりと査定内容を確認して下さい。